先輩インタビュー

どんなことを目指して入社し、日々どんな仕事をしているのかをインタビュー
ホーム採用情報│先輩インタビュー神守

工事が終わった現場に形として自分の成果が残るので達成感を感じます。情報通信設備事業

神守 麻貴2017年入社 / 道北事業部 旭川事業所

情報通信設備事業とは?
情報通信のインフラ設計から施工、保守、メンテナンス等の事業を行っています。主な取引先はNTT東日本などです。
神守 麻貴

この会社、仕事を選んだ理由は何ですか?

合同説明会でつうけんの女性社員の方の話を聞いて興味が湧いたことと、自分の力でつうけんの女性社員を増やしたいと思ったからです。

会社研修を振り返って

4月から学んできた通信工事に関わる研修では新しいことばかりで、時には出来ないことで壁に当たった時期もありましたが、自分の負けず嫌いという性格から同期と競い合うことで研修を乗り越え、成長することが出来ました。
特に思い出に残っているのは、8月に行った電柱を建てる外線研修です。普段目にしている電柱を自分達の手で建てていくので、不思議な気持ちと同時に達成感を味わうことが出来ました。実際に電柱を登る時は倒れないか心配でとても緊張しました。

現在の仕事内容は何ですか?

インタビュー仕事風景
電柱や支線を移動・撤去するための情報通信設備工事の設計業務及び関連書類を作成しています。

入社前とのギャップは?

現場での作業時間より、デスクでの業務時間の方が多いというところとお客様と折衝する機会が多いと感じています。

やりがい等はありますか?

ひとつの工事の処理が終わるまで様々な工程があり大変ですが、工事が終わった現場へ行ってみると形として自分の成果が見えるので達成感を感じます。

これからしていきたいことは?

ひとつの工事を自分1人の力で完結させることと、何年か後に自分の行動を振り返った時に後悔しないような選択や行動を心がけるということです。

その他の先輩の記事を読む

株式会社つうけんでは
2019年度新卒採用の応募受付を3月1日より開始致します。
沢山のご応募、お待ちしております。